抜け毛による頭頂部の薄毛

30代の半ば頃から仕事が忙しくなり、ストレスが溜まるようになってきました。そんな時、ふと鏡台の下の床に髪の毛がどっさり落ちているのに気づきました。いつの間にか抜け毛が酷くなっていたのです。それに気づいてからは、シャンプーやブラッシング時の抜け毛の量の多さが気になるようになりました。掃除機をかけても、かなりの量の髪の毛が絡まっていました。抜け毛と同時に、髪が細くコシがなくなってきていることにも気づきました。生えている髪の毛自体も元気がなくなってきました。抜け毛が増えたことで頭頂部が薄くなってきて、地肌が目立つようになりました。また、髪全体のボリュームもなくなり、老けた印象になってしまいました。このままでは抜け毛と薄毛が進行していまうと思い、スカルプシャンプーや育毛剤を試してみることにしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする